子供なのに柔軟性がない!?身体が硬いデメリット  

このコラムをご覧いただきありがとうございます。
さて、自分は体が硬いと思う人!心の中で手を挙げてください。

スイミングに通っている生徒達にも、小学校低学年にもかかわらず
体の柔軟性がなく、前屈で地面に手が届かない出来ない生徒さんが
いらっしゃいます。

体が硬くても、普段の生活に支障がなく生活できると思いますが、
体が硬いと気づかない所で弊害があったり、年齢を重ねていくと
腰痛や肩こりなどの慢性的な痛みを伴うようになっていきます。

早ければ小学校の高学年・中学生でも腰痛を訴える生徒さんも
稀にいらっしゃいます。慢性的な腰痛や肩こりに悩まされている方は
体が硬く、血流が悪くなって筋肉に栄養が行き届かなくなることで
更にどんどん筋肉が硬くなり、痛みを伴うようになります。

更に年を重ねると、将来どうなってしまうのか??想像するとゾッと
します。今回のコラムでは、体が硬いことで起こるデメリットや、
体が硬くなってしまう原因について、探っていこうと思います。

●体が硬い人のデメリット  
では、「体が硬い」と聞くとみなさんはどんなイメージを持ちますか?
あまりいいイメージは浮かばないと思いますが、言葉にしてしてみると、
より具体的なイメージを持てると思いますので、3つほどあげてみましょう。
 
@疲れやすくなる・疲れが取れない
 柔らかい人は関節が動く幅が広いので、最小限の労力で体を動かす
 事ができます。 体が硬い人は関節が動く幅が狭いので、同じ動きを
 するだけでも大きな労力が必要になってしまい、疲れやすくなります。
 また、筋肉が硬くなると、その中を通る血管は押しつぶされ、血流が
 阻害されます。血流が悪くなると、栄養が補給されないばかりか、老廃
 物が排出されず、疲れの取れにくい体になっていきます。
A姿勢が悪くなる
 体が硬いと柔軟性に乏しい為、錆びた機械のように可動域が狭くなります。
 年をとると、関節が硬くなる+老化現象が加わる為更に体は硬くなってしまう
 のです。 人間はできるだけ楽な姿勢をとろうとしますので、楽な方に楽な方に…
 とやっていたら「いつのまにか腰が曲がっていた」なんて事もあるかもしれません。
B太りやすくなる
   血流が悪くなることで、脂肪を燃焼させる為に必要な酸素が十分に補給されず、
 脂肪が燃えにくい体になります。筋肉が固いと思いっきり体を動かすことができ
 なくなるため、体そのものを動かす機会が減ってきてしまう。すると筋力が落ち、
 基礎代謝が下がり、ますます太りやすい体になっていきます。
   
●体が硬くなる原因は?
「体が硬い原因って生まれつきなんじゃないの?」とか「よく体が硬くなるのは
年のせい」とか言われますが、実際のところ原因はそうではありません。
生まれたばかりの赤ちゃんはどうでしょうか?みんなぷにぷにで柔らかい筋肉
を持っていますよね。

じゃあ、なんで硬くなっていくかというと、これは普段の日常生活がとても深く
関係していると考えられているんです。

まずは、原因の1つに「運動不足」が挙げられます。 体の柔軟性は、”関節の
可動域”が深く関係していると考えられており、日常生活の中で、体の可動域を
ギリギリまで使うことはあまりありませんので、動かさない所からどんどん体は
硬直して行きます。

乳・幼児期の段階で、体を動かす機会が少なかった子供は、小学校入学時でも
体がすっごい硬い人がいたりするわけです。

他には、普段からの姿勢にも原因がある可能性があります。 ずっと猫背だったり、
体に負担のかかる姿勢でずっと生活していると、徐々にその姿勢が慢性化し、
筋肉が硬直し、可動域が狭くなる。その結果、腰痛や肩こりなどの症状を伴うよう
になるわけですね。
●どうしたら硬くならないの???
 体が硬くなっていく原因の1つが「運動不足」なので、まずは身体を動かすこと
から始めましょう。色々な運動やスポーツをすることが大切です。
全身の筋肉を使うおすすめのスポーツはいうと?

もちろん「スイミング」ですね。

理由は色々とありますので、興味がある方は、他のトピックを読んでくださいね。

人間の体は、実はお腹から硬くなっていくと考えられているとされています。
お腹の中にある横隔膜という呼吸をするための筋肉があります。 この横隔膜
があるお腹から柔らかくしていくことで、柔軟性を取り戻しやすくなるようです。

「スイミング」は全身運動+呼吸が大きく関わるスポーツです。体の可動域を
最大限使って筋肉の収縮を促し、呼吸や腹圧で横隔膜を動かすことで、体が
硬くなっていくことを防げます。
●最後に!  
 人間のいうのは昔、狩猟民族で、森や海など自然の中に食料を求め、厳しい
自然の中で生き残るためには、体を効率よく動かす必要があったため、今の
状態に進化したと考えられます。

しかし、文明が発達し、生活が便利になり体を動かす機会が減ってきた現代。
体を動かす機会が減った代償が、腰痛や肩こり・その他の慢性疼痛を招いて
いるのではないのか??と、ふと考えてしまいます。

ちょっと重たい話になってしまいましたが、日頃運動をしていない方は、外に出て
お子さんと遊んだり、散歩から始めてみてはいかがでしょうか??

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
 
   
 ≪併せて、読みたい≫  
 あなたに最適なスポーツ「水泳」 その理由とは?  
 身体が固い子どもが急増中!?その秘密とは  
 水中運動が体にいい『5つの理由』   

                                  


(C)Copyright Kyusandai Swimming Club. All right reserved.